資格を手にして活躍しよう!

今注目の資格を紹介し、あなたの就活や転職を応援するブログです

需要増の医療や福祉で求められる資格

これからも高齢化が進むであろう日本では、医療や福祉の業界の需要がますます高まりつつあります。そんな医療の現場で役立つ資格には、どんなものがあるかご存知ですか?

看護や介護などに関する仕事をする上で1番初めに取得しておきたい資格は、介護職員初任者研修が挙げられます。介護には施設での仕事、訪問介護など様々な業務がありますが、そのすべてに携わる人が対象になります。介護職員初任者研修では、仕事を的確に行うために、介護保険制度や介護の基礎知識について学びますが、定められたカリキュラムを受け、筆記試験に合格すれば取得することができます。さらに、より介護に深く関わりたいという人には、介護福祉士実務者研修という氏威嚇もあります。もしも、介護福祉士を目指すのであれば、まずはこちらを取得しておかなければなりません。介護福祉士実務者研修では、障害や老化の知識を身につけ、たんの吸引方法など専門的なことを学びます。介護職員初任者研修を取得していると資格の取得に必要である受講時間を減らすことができるでしょう。

これらの他にも、介護業界で役立つ資格には、介護事務というものもあります。現場で活躍するというより、事務作業が中心になりますが、取得していて損はないでしょう。介護報酬請求業務や書類などの作成を行う他、施設で働く際には、利用者による問い合わせの対応を行ったり、ケアマネジャーのサポートをすることもあります。介護サービスはどんなものか、申請するにはどうすればよいかなど、あらゆることを学ぶことができるので注目ですよ!その他にも、医療や福祉にはざまざまな資格がありますので、資格取得に関する情報を発信している以下のサイト【http://road-qualification.com】をはじめとした、Webサイトでリサーチしてみると、さらに有益な情報が得られるでしょう。